ホームへ移動します

■Wundows7インストール(2) ■HDDパーティーションの組み方 ■Windows Liveメールダウンロード
■インストール後の確認 ★デュアルブートでインストール ★ディアルブー削除ブート順位画面削除

Windows 7 Ultimate install編(1)

Windows-7 テストインストールについて・・・・
ウインドーズ7のインストールを解りやすいように画像で紹介していますが全ての機種やOSバージョンによっては異なります。
インストール中自動的に進んでいく画像が抜けているかもしれませんがその辺は悪しからず。
Windows 7のインストールにはマウスが使えるので便利です。
インストール中には自動的に再起動されます。
※Windows7のインストール中はマウスも使えます。

このテストを行った環境(以下構成の自作機)
CPU:AMD Athlon64 3200+(2Gz)
メモリー:DDR2-1GB
HDD:20G程度
OS:Windows 7 Ultimete SP1(32-Bit)  ★Windows 7 Ultimeteとは※OSの種類と比較
※テストに使用したOSは Windows 7のDSP版(OEM製品)です、パーツとセット(バンドル)の場合だけ購入が可能なOSです
★OSの種類やバージョンによって以下説明画像とは異なりますので注意下さい。

Microsoft Windows
  Windows 7 システム条件では以下のような要件があります

•1 ギガヘルツ (GHz) 以上の 32 ビット (x86) プロセッサまたは 64 ビット (x64) プロセッサ
•1 ギガバイト (GB) RAM (32 ビット) または 2 GB の RAM (64 ビット)
•16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) の空き容量のあるディスク領域
•Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX® 9 グラフィックプロセッサ
詳しくは Windows 7 システム要件をご覧ください

Windows 7 Ultimete SP1 32Bit 新規install DVDを用意しました。

Windows 7 Ultimete SP1 32Bit

バイオス設定
バイオスでCD又はDVD-ROMをファストブートに設定します。※設定済みパソコンの場合必要ありません
(パソコン起動中Deleteキーをコツ、コツ叩くとバイオス画面に変わりますが、機種によっては異なります)
図のようにCD/DVDが最上位になるようにバイオス画面の操作して終了はF10キーを押しOKで終了します。
※既に設定済みのパソコンでは必要ありません
次にWindows 7 のOSを挿入しパソコンを起動しCDブートさせます。
CDブートしない場合は起動中に※Entarキー※F2キー※F10キー※F12キーなどをコツン、コツンと押すとCDブートできると思う。
稀にDVD-ROMが故障の場合もあります。

バイオスDVDファーストブートに設定

1・・・DVDブートから最初に起動する画面

3・・・DVDブートすると以下のような画面が出ます。
画像の終了までメーターが進むと自動的に下の画像が出ます。
少々時間を要します。

インストール最初の画面

2・・・日本語選択画面

ここではウインド内をスクロールして日本語を選択しクリックすると次に進みます。
※日本語を選択しない場合英語の文字などでインストールされるので注意です。

日本語選択画面

3・・・言語、キーボードなどの確認画面

自動的に文字が入力された画面が出るので、変更がなければ次へに進みます。

日本語表示確認画面

4・・・Windows 7インストール開始画面

今すぐインストールをクリックします。

Windows7 今すぐインストール

5・・・マイクロソフト同意書画面

同意書にチェックし次へに進みます。
※同意書にチェックしないと次へのボタンが押せません。

同意書にチェックします

6・・・インストール種類の選択画面

8・・・今回は新規インストールになります。
新規インストール(カスタム(C)赤点線の方をクリックすると進みます。
※旧版をアップグレードする場合は「アップグレード(U)」をクリックして進みます

インストールの種類の選択

7・・・HDDのパーティションの変更、設定、確認画面

ハードディスクのパティーションの作成画面では、削除、変更、フォーマットなどの設定画面です。
下の画像は18.6G(全領域)が未割り当てになっているので新規をクリックして必要に応じて数値を入力します。
数値はHDDの空きの容量(全て)が記載されているので自由に変更できます。

HDDのパーティションの組み方

ディアルブートでインストールする場合はこのページを参考下さい。
1台のパソコンにに2種類(WindowsXPと 7Windows7など)のOSをインストール(導入)すること。コンピュータの起動時に、どのOSを使用するか選択して起動させる事ができます。


8・・・ハードディスクのパーティーション確認、Windows 7インストール先の指定

図の場合パーティーション1(C)と2(D)を作った例で未割り当ての領域はゼロになっています。
Windows 7には16G以上が必要ですので上の17Gの方にインストールしますのでパーティーション1を反転させ次へに進みます。
※Windows 7のインストールにはフォーマットしなくてもインストールは続行できます。
パーティーション2はWindows 7インストール後にフォーマットする事にします。

パーティーションを2個に分割した状態

パーイーションを削除、分割画面
以下画像は分割の詳細の詳細図です。
新規をクリックすると「サイズ(S)」に未割り当ての数値が記入されています。
分割する場合は表示されている以下の数値を入力すると上部にパーティションが作成されます
※パーティーション1はXPインストールしパーティーション2にWindows 7をインストールします
必ず古いOSから先にインストールします

インストールするドライブを指定し次へに進むとインストールが開始されます      

9・・・Windows 7インストール中画面

11・・・ここからがWindows 7のインストールが始まります。以下5項目のチェックが終わると自動的に画面が変わります。
少々時間を要します。

Windows7のインストール開始画面

10・・・自動的に進んでいく画面

12・・・こんな画面が出て自動的に画面が変わります。

こんな画面が出て自動的に進みます

画面は自動的に進みます

このページTop

インストール画面2ページに続く

inserted by FC2 system