ホームへ移動

2006/5月 AMDのCPUソケットが新しくなりソケットの名前は「AM2」ソケット940ピン(前タイプは939)
で発売になりAMD発売のCPU ソケットは共用できるようになりました.

従来のSocket 754/939/940から、Athlon 64 FX/Athlon 64 X2/Athlon 64/Sempronの
全モデルがSocket AM2(Socket 940Pinに統一された)

自作パソコン参考ページ
AMD AthlonXP 2000+ マシン製作記録 PV マシンの組み立て BTX仕様の自作パソコンWindows XPインストール
AMD AM2 X2 4200+ 自作記録 !!
Intel Core2 Duo の自作もCPUセット異なる程度で同じ工程です
                                                            作成2006/11/20

このページでは画像を使って簡単になるべく説明しています。
ケースの形、種類によりパーツ取り付け方法は多少異なります。
又、組込工程については私流で説明であります。
自作のマニアにはそれぞれ自分流があり、それが又楽しいパソコン作りになると思います。

このページの組込構成パーツ
ケース:Aopen G325 BLACK
電源: ZUMAX ZU-400W
CPU: AMD/AthlonX2 4200+ AM2
M/B: ECS RS485M-M (V1.0) (mikro ATX)
※このマイクロATXボードの仕様はビデオ/ラン/サウンド/USBなどはオンボーとなっており、これらの作業工程には触れていません。
HDD: WesternDigital  WD2500JS 
メモリー:CEFD PC2-5300U-555 1G(DDR-2)
スーパーマルチドライブ:LITE-ON SHM-165P6S
キーボード&マウス:  OWL-MK53(B)
以下は画像作成タイトルです。

自作パーツ

ポイント:取り扱い中、各種パーツの静電気注意します。解らない部分は部分はマニュアルを何度も参照します。
マザーボード主要部画像

マザーボード1
マザーボード2

ポイント:静電気注意/1番ピンの確認を慎重セットします
※確認事項:レバーロック、/クーラー電源コネクタセットをマザーボードにセット。
※クーラーセットは(左右)はどちら向きでも構いません、(クーラーとMB電源コネクタとの配置位置で決めます)
(1)CPUセット
Intel Core2 Duo のCPUセット
AMD/AthlonX2 4200+ AM2
CPUセット

※赤点丸のクーラー金具部分が絵のような形状でなくドライバーなど道具使わず
手で簡単にソケット爪に掛かるように改良されたものもありますが、基本的には同じです。

ポイント:静電気注意/メモリー凸凹位置の確認セット/セット後レバーのロックの確認
※このボードのメモリー対応はDDR2です。
(2)メモリーのセット

メモリーのセット

ポイント:双方ともセット時カッチとロック音がするのを確認します。20Pin又は24Pinは下記の画像を参照ください。
※電源選び:通常デスクトップパソコンでは350W〜450W程度が主流、静音電源推奨!!
(3)主用電源のセット

主用電源のセット

ポイント:+側−側の確認/Power LEDソケットは2Pinと3PIがあります。
2Pinで良いので、合わない場合は変換コネクタ使うとかケース側コネクタを割って分離させてセットします。
スピーカーコネクタはオンボードの場合は不要ですがセットして問題ない。

(4)フロントパネルのセット

フロントパネルのセット

ポイント:IDE対応のCD-ROM〜スパマルチドライブまでセット方法は同じ
ジャバピンの確認/コネクタの完全差し込み確認を確認します。
※光学ドライブ種類:IDE/SCSI/USB接続などの機器もあります。
(5)光学ドライブのセット

ドライブのセット

ポイント:IDE接続HDDの場合は(5)参照
シリアルATA(S-ATA)コネクタは抜けやすいので最終チェックが必要/電源コネクタ確実セット確認する。
電源は多くはシリアルATA要を使うがドライブ用電源と2系統の機種もあるが、どちらか一方を使います。
※従来のIDE接続に対しS-ATA(シリアルATA)の方が通信速度は速い為S-ATAのが多く使われています。
(6)ハードディスクのセット

ハードディスクのセット

次はWindows XPをインストールページです。

ページTOP
トラブル/具具合等はトラブル編も一様参考下さい

inserted by FC2 system